更年期のホットフラッシュの対処法

大豆イソフラボンの効果はエクオールの生成が鍵


更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンの低下によって起こりますので、それを補うためにエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取しているかたも多く見られます。

髪や肌の代謝を促して美容やアンチエイジングのためにもいい効果がありますし、更年期障害に見られる不快な症状を抑える働きをしてくれます。

ですが、中には大豆イソフラボンを摂取しても上手く作用しないかたがいます。大豆イソフラボンによる効果は、腸内でエクオールを作り出せる人だけだということが最近の研究でわかってきたからです。

大豆イソフラボンを摂取すると、腸内細菌による代謝でエクオールと呼ばれる物質が作られて、それによってエストロゲンに似た作用をしてくれます。ですが、腸内環境と腸内にある細菌は食生活や生活環境によって人それぞれ異なるものです。

大豆イソフラボンを摂取することで効果を得られるのは、大豆イソフラボンからエクオールを作り出せる人のみで、しかし日本人の中では約半数しかエクオールを作れる腸内細菌を持っているかたがいません。

更年期障害に効果的と言われている大豆イソフラボンの中には、ダイゼインとグリシテインとゲニステインがありますが、そのうちのダイゼインを使って腸内細菌がエクオールを作り出します。

そのエクオールはエストロゲンの僅か百分の一程度の効き目ですが、減少してしまったエストロゲンの変わりの役目を果たしてくれます。

ですので、イソフラボンの代わりに直接エクオールそのものを摂取することで、どなたでも更年期障害を軽減する効果を得ることができるのではないかという研究がされています。

自分がエクオールを作れるのかを調べることは、検査キットを使うことで可能ですので、気になるかたは一度試してみることをおすすめします。

大豆イソフラボンで効果が見られないというかたは、エクオールを摂取してみるといいでしょう。エストロゲンの代わりになるものを摂取することで、更年期障害に大きな効果が期待できます。


認知症予防は無理せず、続けられることが一番


医療の進化が著しい現代、ガンもさほど恐ろしい病気とは言えなくなってきたという医師もいますよね。

しかし、こと認知症となると、話は別です。とたんに歯切れが悪くなってしまうお医者さん達。確かに、私の知人で、有名大学医学部で教授をしておられる方のお母様は重い認知症を患って入院中です。

この病気の恐ろしいところは、かかってしまったが最後、完治することができない、という点でしょう。懸命に研究が進んでいても、進行をゆるやかにする薬しかない現在では、いかに認知症にかからない身体にするか、という予防法に自然と目が向きます。

例にもれず、私もその一人です。日本は健康に関するテレビ番組やサイトがことの外多い国ですから、日夜それらをチェックして、これは自分にもできそうだな、とピンと来たものだけを取り入れて、実践するようにしています。

まず第一に、食生活ですが、巷では炭水化物を一切摂らないダイエットが効果が出やすいと人気ですが、脳の唯一の栄養素は糖分、つまり炭水化物なので、私は欠かさず摂るように心がけています。

そして、最近では人気がやや低迷し始めているココナッツオイル!これも認知症予防に効果的と言われていますよね。一時は品切れ状態でしたが、人気に陰りが出て来た事で、入手しやすくなりました。私は、朝と昼の一日二回、それぞれティースプーン一杯を飲み物に加えています。

あとは、脳に良いと言われるDHAが豊富に含まれる青魚を意識して献立に取り入れています。鯖の水煮缶だと、手軽に使えますよ。 続いて、運動、というより日々の生活習慣なのですが、わざと利き手ではない方の手で、みかんの皮を剥いたり、トーストにバターを塗ったりしています。

脳への刺激になると聞きました。同様に、通勤や買い物に行く時も、同じコースを通らないようにしています。日々、ちょっとした刺激があることで、脳が活性化されるなら、嬉しいですよね。

こんな感じで、毎日無理せず、続けられることが一番だと思っています。


髪の毛が生える育毛方法について